1 :HG名無しさん2011/07/02(土) 17:51:17.34 ID:hdIXkr/E
前スレ;日本軍戦車.装甲車模型統合スレ 其の七
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1295882246/

日本軍戦車.装甲車模型統合スレ 其の六
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1281801500/

日本軍戦車.装甲車模型統合スレ 其の五
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1260001844/

日本軍戦車.装甲車模型統合スレ 其の四
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1241447680/

日本軍戦車.装甲車模型統合スレ 其の三
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1213882510/

日本軍戦車.装甲車模型統合スレ 其の二
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1172587509/

■日本軍戦車.装甲車模型統合スレ 其の一■
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1125482519/
2 :HG名無しさん2011/07/02(土) 18:12:28.55 ID:x5lac/8J
>>1
乙式中戦車
3 :HG名無しさん2011/07/02(土) 19:44:21.93 ID:YEaUq70K
>>1よくやったM3に乗っていいぞ
4 :HG名無しさん2011/07/02(土) 20:49:50.81 ID:NYGCGE7N
光栄であります。最強戦車に乗れて
自分はなんと幸せ者でありましょうか!
5 :HG名無しさん2011/07/02(土) 21:22:16.66 ID:0lflQVEJ
タミヤの日本陸軍歩兵セットは歴史に残る傑作だと思う
ポーズの自然さ、服のシワ表現といい
パッケ−ジアートも秀逸 軍刀を振りかざした将校は小学校高学年のときの
担任の顔ににてた 誰でもあの四人のうちひとりぐらいはそっくりさん
が身近にいるんでないか?
エアフィックスの日本兵も傑作 ただ箱絵が東洋人には違いないんだが、
タイ人みたいなんだよな・・・
19 :HG名無しさん2011/07/03(日) 14:21:27.02 ID:QknfBSri
>>5
同意、同意
手足の細さも華奢な東洋人ぽくていい。服のシワや装備品のモールドも秀逸
Oパーツと言われるのごもっとも
6 :HG名無しさん2011/07/02(土) 21:33:00.59 ID:Teb/v0T8
今ならカステンの89式用戦車兵を作ってた竹一郎氏一択だな。
7 :HG名無しさん2011/07/02(土) 21:41:11.19 ID:0lflQVEJ
AM付録の92式重機のやつは俺もってる
組んでないけど、うん、彼のフィギュアはいいね
9 :HG名無しさん2011/07/02(土) 21:56:59.86 ID:0lflQVEJ
装備品と三八銃がほしくて何度か買いかけたけど・・・
デフォルメは趣味でないので
10 :HG名無しさん2011/07/02(土) 22:20:35.32 ID:gUgCBw/L
銅鑼の日本兵は独特の尻がちいさい体型をはじめ、なんとなくポーズに違和感があるよね
あのキットは軽機がついてるのが売りか?
11 :HG名無しさん2011/07/02(土) 23:53:46.91 ID:x5lac/8J
タミヤの日本兵に腕と帽子の細かい紐付けたけど中々様になってる
12 :HG名無しさん2011/07/03(日) 00:25:12.76 ID:h0DcRZFf
タミヤ97式の戦車兵もいまだ色褪せてないよ。車長の掌がオーバースケールだけど。
一式砲のフィギュアはモールドあまくて褒められないね。
13 :HG名無しさん2011/07/03(日) 01:05:36.70 ID:EWJhz9O2
ファインの戦車兵は太りすぎてるだろ?胴長短足は表現してるが
当時の日本兵は毎日六合めし食べてるといっても、動物性蛋白の摂取が
いまよりずっと少ないから平均して痩躯なんだよ
当時の写真みてもデブの日本兵は少ない
14 :HG名無しさん2011/07/03(日) 09:37:00.21 ID:OYl0ONtP
当時の平均身長153cm。戦後警察予備隊に供与された特車M4への搭乗、運用に小柄な日本人は閉口したと言う。
18 :HG名無しさん2011/07/03(日) 13:49:58.88 ID:xzrMho5/
>>14
成長期が食料難で、戦中に召集された男子の平均より小柄でもおかしくない
ちなみに戦中後半の20歳大学生平均で163cmほど
彼らは上層出身がおおいので、日本人男子平均よりかなり高い値だろう
17 :HG名無しさん2011/07/03(日) 13:00:20.10 ID:PbRkWnaG
戦争映画の風景と思って製作したら長身でガタイがいい日本兵で良い
20 :HG名無しさん2011/07/03(日) 15:25:04.56 ID:GuaQ6TP6
同じタミヤのドイツ兵やイギリス兵とならべると体格差に愕然としたもんだ
昔は地方で西洋人と接する機会は稀だったもんでね
プラモで学習と・・・
21 :HG名無しさん2011/07/03(日) 16:45:45.83 ID:n9BswvVf
日本兵の時計のモールドに感動したな
文明人の証みたいで
教育水準がひくくて、ほとんど百姓のソ連兵なら、ドイツ兵捕虜から
かたっぱしから略奪して、ゼンマイがきれるとポイがデフォ
フイギュアも五個くらい腕時計はめててもおかしくない
これは偏見でなく歴史的事実だよ
27 :HG名無しさん2011/07/03(日) 18:52:37.75 ID:P5+9l/vM
>>21
ベルリンで水洗便所をはじめて見て、便器のなかでジャガイモを洗ったとか、
電球や水道の蛇口を取り外して、大事そうに持ち帰ったとか…
31 :HG名無しさん2011/07/03(日) 21:00:14.46 ID:VymSE5Xu
>>27
ロシアのおっさんが「みやげに壁に付けると水が出てくる魔法の道具を持ってきた」→水道の蛇口
って本当の話なのか?
ちなみに香港でクーラーが付いてるホテルに突入した日本兵が「なんだこれは幽霊だー」→撤退
は本当
33 :HG名無しさん2011/07/03(日) 21:06:45.99 ID:zFEX2J73
>>31
38師団だろ?なごみゃーの
なんにしろ未知のモンはおそろしいものです
22 :HG名無しさん2011/07/03(日) 17:02:14.72 ID:PbRkWnaG
ソ連兵は降伏を教えられてなかったから死ぬまで戦ったんだっけ
日本兵は全滅するように教えられていたから捕虜になったら情報ベラベラ喋ったとか
23 :HG名無しさん2011/07/03(日) 17:05:40.49 ID:W8NZtbF3
独ソ戦初期にとんでもない数のソ連兵が捕虜になってるがな
24 :HG名無しさん2011/07/03(日) 17:21:13.91 ID:PbRkWnaG
>>23
まじか
どこで降伏知らないとか聞いたんだろうか
25 :HG名無しさん2011/07/03(日) 17:21:26.91 ID:QVhR72fB
ソ連兵捕虜はドイツ軍の補助員か東方部隊に志願しないと収容所で餓死ですわ
26 :HG名無しさん2011/07/03(日) 18:03:08.00 ID:QVhR72fB
米軍の日本兵捕虜の調査で
農民、漁師出身は四割に満たない
あとは工員、事務員、職人、当時の特権階級サラリーマンと学生だね
全員が最低尋常小学校はでてて、読み書き算盤ができる
捕虜の一兵卒が新聞をふつうに読んでるのを米英軍は驚いたそうだ
「アーロン収容所」で監督官の英兵ができない掛け算を日本兵捕虜が瞬時
でやってのけたのも
28 :HG名無しさん2011/07/03(日) 19:01:06.66 ID:n/qE7EKl
掛け算もできる優秀な兵士達を万歳走りさせたのは勿体ないですな。
29 :HG名無しさん2011/07/03(日) 19:02:03.02 ID:QVhR72fB
近代戦では兵の教育水準が軍隊の資質に反映する
あれだけの物量兵力差で負けたとはいえ、ノモンハンで日本軍が損害で
イーブン以上にもちこめたのも
文字のよめない兵隊もけして珍しくないソ連兵との差だよ
30 :HG名無しさん2011/07/03(日) 19:41:45.51 ID:qW5vMwD3
>28
兵は優秀、中堅はまあまあ、最高幹部は最低
って米軍の評価はあながち間違いであるまい
32 :HG名無しさん2011/07/03(日) 21:03:13.31 ID:zFEX2J73
おードイツスレがにぎわっとるな〜
半可通レベルでない
おれらも負けてられんな。模型モードは一割保持でいっちょいくかい!
34 :HG名無しさん2011/07/03(日) 21:29:16.42 ID:qW5vMwD3
戦後にカレーライスが一般家庭に普及したのも軍隊経験者の影響なんだな
いまでも、海自は金曜日のカレーで週感覚を覚えるとか
36 :HG名無しさん2011/07/03(日) 22:53:31.86 ID:XxZPVYW/
ブログで浅香さんが高田氏を批判してるんだけど、かなりの部分で同意できる。
いままで日本が中国に支援していいことあった?
国内の雇用を失い、低賃金化。さらには日本製品の国際シュアを著しく低下させた
仮想敵国である中国に塩をおくる行為であって「出来のいいキットをだしてくれる
なら中国でもどこでもいい」なんて悠長なことは言ってられないだろ?

俺はいくら出来がよくてもドラゴン製品は欠陥品だと思ってる。だってインストの
不備でまともに完成できないキットなんて不良品以外の何物でないだろ?
37 :HG名無しさん2011/07/03(日) 23:34:43.71 ID:zof/IGVb
わざと脱線させる奴がいついたな。死ね。
39 :HG名無しさん2011/07/03(日) 23:56:37.15 ID:idyHzWjD
>>37
その書き込みは犯罪なんだけどね。そんなことも知らないの?
41 :HG名無しさん2011/07/04(月) 12:24:58.34 ID:KHpGEf3r
シベリアに抑留された人の手記だか何かに
「ソ連兵は10以上の数数えられない奴が普通にいた」みたいなこと書いてあったな
43 :HG名無しさん2011/07/04(月) 17:50:38.27 ID:LnWrMoYj
シベリアの抑留者に直接聞いた話しだが大量のドイツ美女が連行されて24時間レイプされていたと言う。栄養失調の日本兵は金髪ポルノ絵巻を見ても勃起しなかったそうだ。重労働から逃れるためにコミッサールや軍医のホモワイフになったのもいたと言う。
44 :HG名無しさん2011/07/04(月) 18:14:06.32 ID:EwJ3xLCn
96式15cm榴弾砲、94式山砲88式7、5cm高射砲なんかで明らかに迷彩してる写真があるんだが
戦車に準じた塗装でいいのだろうか?
おなじ陸軍でも機甲、砲兵、高射砲兵それぞれで行政や縄張りが異なると思うんだが…
砲兵機材の塗装資料なり当時の規則や教本を知ってる人は教えて頂きたい
45 :HG名無しさん2011/07/04(月) 19:34:40.32 ID:qiZMPAuE
源文さんの劇画でゴロドクが新型T34/85の車長になったはいいが、
乗員がそれぞれ異なる小数民族で言葉がまったく通じないってのがあったじゃない?
ああゆう事態が現実に多々あったと思う。
60 :HG名無しさん2011/07/05(火) 08:40:38.98 ID:DZXYfnEH
>>45
ソ連戦車兵の回想
ttp://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/burtsev.html

>ここで、私と同じ戦車に乗り組むクルーのことを書いておく必要があるだろう。
>まず機関手兼操縦手だが、これは10年の刑を宣告されたことのある前科持ちで、
>短期間の訓練しか受けておらず、戦車の操縦技術はほとんど身につけていなかった。
>照準手は、もともとはサラトフの水上レストラン経営者で、年をとっており、砲塔にもぐり込むのもやっとというくらい体がでかかった。
>装填手は1917年生まれ、軽い知的障害があった。
>5人目は欠員。これが全てのクルーで、1人として実戦の経験がなかった。
61 :HG名無しさん2011/07/05(火) 09:14:56.24 ID:MU0ZtZUw
>>60
映画化したら、
「いくらなんでも犯罪者にジジイ、知障なんて乗員のワケ無いだろ」
とツッコミ入って馬鹿にされるなw
104 :HG名無しさん2011/07/07(木) 07:06:13.69 ID:fqlB+6lm
>>60
大変良いサイト紹介してくれてありがとう。
これだから2chは侮れないな。
46 :HG名無しさん2011/07/04(月) 19:43:03.35 ID:sjSVBrf+
さすがに戦車とかは言葉が通じないと。ロシア人だけで編成するくらいの。

それにモンゴルとかシベリアとかの通じない連中は最前線で地雷を踏む仕事がいくらでもあるしな
47 :HG名無しさん2011/07/04(月) 19:55:48.42 ID:OI+HmXZ9
多少通じなくても、頭蹴ったり、肩踏んだりするだけで動くからいいんじゃね。
48 :HG名無しさん2011/07/04(月) 19:57:41.41 ID:qiZMPAuE
ソ連軍のアバウトすぎる歩兵なら、ウオツカとウラーだけで済みそうな気もするが・・・
50 :HG名無しさん2011/07/04(月) 20:27:20.24 ID:hStFCcko
シナの国府軍だと装備は一部、日本軍より優良
チエッコ軽機やクルップ、ボフォース高射砲と。
しかし組織戦闘がからきしダメだったそうだ。連隊砲を数発撃ち込んで、擲弾筒
と重機軽機の支援で銃剣突撃で陣地はあっけなく陥落がデフォ。あけどね
共産党の八路軍は装備が槍など劣悪だが、死を怖れない勇敢さだったそう。
この成功経験が、日本陸軍の慢心につながるんだけどね。
51 :HG名無しさん2011/07/04(月) 22:01:06.27 ID:c+7H1t+B
ICMでヘンシェル六輪トラックがでるけど、あれの兵員輸送タイプなら、
ラインメタル15榴牽引しててもおかしくないのか?日本軍捕獲仕様で
それとも牽引トン数が違うのか?
52 :HG名無しさん2011/07/04(月) 22:37:55.20 ID:nLQF9Bis
歴史をすこしでもまともに学べば、シナ兵、日本兵、ドイツ兵以上にソ連兵の野蛮さが
世界に鳴り響いてるくらいは常識だわな
53 :HG名無しさん2011/07/04(月) 23:03:37.92 ID:Rq2LHlpf
偏見ぬきでピロシキはんまい!おれの好物
あれは中国の揚げパンのアレンジなのかねえ
56 :HG名無しさん2011/07/04(月) 23:25:39.47 ID:oySZEAbq
戦記読んでるとニューギニアで捕虜になった日本兵がオーストラリアの収容所で
算数ができない警備兵の代わりに計算して仕事を手伝ったとか出てくるよね。
58 :HG名無しさん2011/07/04(月) 23:37:54.43 ID:lFrsMj3O
収容所も塀のなかには変わりない
計算工はムショのエリート。花輪和一の「刑務所の中」でくわしい
59 :HG名無しさん2011/07/05(火) 07:12:36.52 ID:H7cZSuyl
>45
装填手だか照準手がゴロドクの顔みつめて不可解にニヤニヤしてたなw
62 :HG名無しさん2011/07/05(火) 11:12:11.94 ID:H7cZSuyl
…難儀だよねぇ。日本軍なら絶対ありえんわ。
戦車兵ひとり養成すんのに歩兵一個中隊賄う費用がかかるそうだからね。
63 :HG名無しさん2011/07/05(火) 11:55:38.22 ID:gCiwUX3B
自動車運転できるのが1000人に1人だっけ
当然のように自動車乗り回す米兵と自動車に乗れることが特殊技能扱いなんだもんな
なんでアメリカと戦争したんだか
あの時期の総理は暗殺されるのが仕事だったのに逃げた近衛はS級戦犯
64 :HG名無しさん2011/07/05(火) 12:22:03.26 ID:yopXnJI3
せっかく米英のトラックとか車両を無傷で捕獲しても運転できる兵がいないので
宝の持ち腐れになった、といことが多々あったとか。
79 :HG名無しさん2011/07/06(水) 11:11:13.31 ID:UjfGtdr+
>>64
>せっかく米英のトラックとか車両を無傷で捕獲しても運転できる兵がいないので
>宝の持ち腐れになった、といことが多々あったとか。

ないない!

日本軍はシンガポール攻略、インドネシアなどでも捕獲した米英のトラックを有効活用してる。
とくに米国製のトラックは信頼でも兵士から人気が高かった。
人気が高い理由として、戦前から日本国内には相当数の米国トラックが販売、大半を占めていた。

ジャカルタで憲兵隊によって使われるマーモン・ハリントン装甲車だって写真に収められているし、
M3A1スカウトカーやヴィッカースMk.IV軽戦車でさえ使用されている。
65 :HG名無しさん2011/07/05(火) 12:42:03.89 ID:oKKyk5Kp
ソ連兵は自転車乗れないのが多かったよ
占領後のドイツでスターリン戦車のそばで自転車に挑戦、
ズッコケてる写真があるくらい
66 :HG名無しさん2011/07/05(火) 13:01:33.20 ID:n+ouny+5
日本軍だと池沼ごときには、まず戦車にまともに触れさせなかっただろう。
国民の血税の結晶だもの。
せいぜいぼろウエスで磨かせるくらいで。
67 :HG名無しさん2011/07/05(火) 14:54:05.44 ID:1RBkLKMM
>総理は暗殺されるのが仕事だった

コラコラw
何気に過激なこと書いてるぞー
あんたの前世は青年将校か血盟団、死のう団あたりかア?
69 :HG名無しさん2011/07/05(火) 19:45:50.48 ID:1tL6tows
素朴な疑問?チハ総生産数約2500輛の行方ですが、太平洋に500輛も投入したとも考えられないし中国、満州に1000輛も配備したとも考えられません。ほとんど国内にあったんですかね?
70 :HG名無しさん2011/07/05(火) 20:41:31.29 ID:JpiDfepl
生産台数は2100両ほどらしい
戦争後半以降は輸送中に海没した数も多いので、その点は配慮のこと
チハの半数程度は内地にあっただろう
72 :HG名無しさん2011/07/05(火) 22:10:13.62 ID:WjJQn5/F
>>69
戦車の総生産数≠実際の配備数
「1938年以降の生産台数は、1938年に25両、1939年に202両、1940年に315両、1941年には507両に達する。」
全部足していけば多数の戦車を持っているように思えるけど、年で割るとそんなでも無い。
後は連隊の定数が40両ほどであること、各連隊の配備先を調べれば大体の数字が想像できるかと。
あと>>70の言うとおり輸送中の損耗もあるし、各連隊の戦闘による損耗もある、最初から定数を満たしていない、
もしくは員数外を持っている場合も。その点は差し引いてくれ。
しかし装備海没により装備補填して再編成って記述がかなり多いんだけど・・・。
71 :HG名無しさん2011/07/05(火) 21:44:43.13 ID:47s6Noff
一式と三式中戦車の生産台数は被ってないか?
三式の数が約110と約60両と二説あるが、差の50両ほどが一式からの改造ぶんでは?
73 :HG名無しさん2011/07/05(火) 22:26:27.13 ID:DfimdtFd
硫黄島でバロン西の西中佐の戦車26連隊は海没して装備すべて失い
装備戦車の再交付をうけてるね
76 :HG名無しさん2011/07/06(水) 06:42:47.82 ID:TwRNgwwF
本土決戦計画に四国では中戦車を運用できないので軽戦車のみ配備とある。不思議に思ったが当時の道路事情や四国の複雑な地形ではM4も本領を発揮できなかったかもしれない。
77 :HG名無しさん2011/07/06(水) 08:02:47.85 ID:3qdOTqi2
95式にチハの旧砲塔載せた四式軽戦車も道路事情のわるい
四国に配備されたんではなかったか?
78 :HG名無しさん2011/07/06(水) 08:19:43.30 ID:3qdOTqi2
M3はフィリピンで捕獲され、新品の単体エンジンをはじめ各部品、車両が四研
に送られ詳細に調査された。
ひょっとして内地の部隊に配備された可能性もないわけではないな。
80 :HG名無しさん2011/07/06(水) 11:35:43.68 ID:BQw8upUu
運転できる兵隊が千人にひとりということはないが、
日本兵は運転免許の所持率がひくかったのは事実。

末期のフイリピン戦で70人の兵隊で運転できる兵がひとりもいなかったことも・・・
兵科によって違うはず。戦車、輜重、砲兵だと運転できる兵が多いだろう
82 :HG名無しさん2011/07/06(水) 13:04:28.98 ID:UjfGtdr+
>>80
>日本兵は運転免許の所持率がひくかったのは事実

戦前の免許所有統計が無いから判らないが、
大正8年から免許受験には車検証が必要であった。つまり、車を所有していることが免許取得の条件となっていた。
よって車を所有出来る人しか免許を所有して無い。
当時、T型フォードは乙免許、後の小型免許で運転出来た。
昭和8に免許制度が全面改正され、排気量750cc以下の小型免許は試験不要、申請するだけで免許が貰えた時代。
昭和19年には免許年齢が18歳から15歳に引き下げられ、当時の免許保有者数は217.413名であった。

ダットサン11型〜17型は購入さえすれば、免許試験は一切無しで乗れました。
(価格は公務員、兵士の年収2年半分位)
ttp://www.jsae.or.jp/autotech/data/1-5.html
ttp://www.toyota.co.jp/Museum/data/a03_08_3.html
81 :HG名無しさん2011/07/06(水) 11:47:20.59 ID:BQw8upUu
作家の故山元七平は一師団の砲兵将校で末期のフィリピン戦に参加。
米軍捕獲のM3ハーフトラックに75mm砲を載せた自走砲を扱った経験がある。
とにかく燃費がわるくて閉口したそうだ。
補給廠には特例として燃料支給を認めてもらったとか。
83 :HG名無しさん2011/07/06(水) 13:42:51.34 ID:yxq/2dd7
>82
おお、すんばらしいレス!
すまんのう、面目ない
85 :HG名無しさん2011/07/06(水) 16:05:52.96 ID:UjfGtdr+
>>83
ちなみに横道脱線だが、免許所有者率と実際に運転出来る率は比例しないから。
支那戦線から太平洋戦線まで、いわゆる無免許で車やトラックを運転してた記載などもあるから、
当時は相当数の無免許運転が日常的に行なわれていたことが各自の日記で判る。

無免許運転が横行したのも、占領で現地警察が居ない時や、または占領した日本軍に対して、
取締まりが出来ない=治外法権みたいなもんで、取締まりが無い状態も影響してる。
また憲兵なども自軍を取締まることは無いことは過去から現代まで何処の場所でも同じこと。
イラクで横暴な運転する米兵を誰も取締まらないのと同じこと。

戦後、軍隊で運転(無免許も含め)をしていた者、軍隊時代に覚えた元兵士が、
経験を元に生活の糧として、乗合自動車業(タクシー)に就職、貨物自動車業に就職殺到したとか。
空襲で全て焼け、ロクな職が無い時代、乗合業などは進駐軍相手に良い仕事だったとか。
88 :HG名無しさん2011/07/06(水) 18:08:15.02 ID:zcYXVp8X
>>85
靖国神社にチハを返還させた、サイパン戦の生き残り戦車兵下田さんは
捕虜になってから、米軍のブルドーザーオペで飛行場造成やらしてたそうだね。
84 :HG名無しさん2011/07/06(水) 14:41:21.95 ID:TwRNgwwF
フランスが日本に宣戦布告したのが沖縄戦たけなわの昭和20年5月。明号作戦で仏印の日本軍大勝利。降伏したフランス軍車輌の再活用はどうだったんだろう。
86 :HG名無しさん2011/07/06(水) 16:22:14.59 ID:UjfGtdr+
>>84
たしかベトナム駐留フランス軍には、ロクな装備が無かったような。
数量の軽戦車と数量の車輌、フランス製トラック数台位しか無かったとような。

87 :HG名無しさん2011/07/06(水) 17:16:04.24 ID:IYRaGl8r
>>84
光人社 藤田さんの日本軍捕獲兵器本にはフランス軍大型トラックに
ルノーFT積んだのを日本兵が運転してる写真があるよ
89 :HG名無しさん2011/07/06(水) 19:37:10.43 ID:FWUfzDKg
下田氏は当時の人としては時世にとらわれなく、
早くから上手く生き残るすべを得ていたと思う。
長生きして欲しいものです。
90 :HG名無しさん2011/07/06(水) 20:34:04.26 ID:2n/l42X9
・・・そろそろ模型の話も一割しないと自治厨が発狂して暴れそうな気がする
92 :HG名無しさん2011/07/06(水) 20:46:10.69 ID:Lpsk8xtn
四式引き揚げてキット化したなら、いまごろ男祭りだったんだろうが
銅鑼でもタミヤでもファインでも
銅鑼の1/72が新規開発でも話題にならないのは、新鮮味がないからだろ?
94 :HG名無しさん2011/07/06(水) 22:04:16.92 ID:/7vdzqHq
やっぱり日本兵フィギュアの追加だけで済むラ式3,7cm速射砲とか、
ヘンシェル六輪重トラック&ラ式15cm榴弾砲とか出せよといいたい!
開発費もさほどかからんだろうに

95 :HG名無しさん2011/07/06(水) 22:39:54.64 ID:ICbiVFxI
九二重機を四人で担いで走ってるポーズの日本兵がほしい
あの銃架は三八重機からの伝統だが、御輿担ぎをイメージして設計したのだろうな
日本人だよなあ
96 :HG名無しさん2011/07/06(水) 22:45:29.58 ID:e95bvuvV
飯盒で御飯食ってる日本兵
上半身裸で茶でも飲んでる日本兵とか欲しい
97 :HG名無しさん2011/07/06(水) 23:04:26.03 ID:wTUBV+B2
飯盒の真ん中が窪んでるとは腰に付けるからだと気が付いたときのなるほど感
98 :HG名無しさん2011/07/06(水) 23:26:22.69 ID:5mI985pK
戦後の写真で米軍の報道記者が復員してきた日本兵を取材してる写真があるん
だけどさ
略帽で褌一本で背嚢しょって、筋骨隆々で赤銅色の肌なわけよ。文句なくカッコいい
米兵が貧相に見えるぐらいでさ
・・・思わず「ウホッ!」の世界
99 :HG名無しさん2011/07/06(水) 23:48:08.40 ID:9eIVW/BK
小野田少尉が30年たって保護されたグラフ誌もってるけど、
ボロ服着てても、敬礼してる写真の凄みはきてるよ。
やはり最後の日本兵といわれるだけはある。
101 :HG名無しさん2011/07/07(木) 04:58:25.19 ID:NbvX6jYl
イージ−エイトね
土浦の武器学校で実物みたけど、たしかに見るからに車内が広そうだったな
102 :HG名無しさん2011/07/07(木) 05:16:38.04 ID:aQtIBEsX
T34/85より全ての要素で強いハズなんだけど数で押された朝鮮戦争とか
タイガーパンター相手にしてたせいでシャーマン(76)って評価が不当に貶められすぎ
75mmは後期ドイツ戦車には雑魚だっただろうけどAPDS装備の76mmなら
そこまで分の悪い戦いじゃなかっただろ
121 :HG名無しさん2011/07/07(木) 18:00:46.42 ID:8LJVq96/
>>120
雑談は良いんだよ。別に。
でも今日だけで言や>>102-103とかアホ過ぎだろw
131 :HG名無しさん2011/07/07(木) 22:29:55.72 ID:w3Pc7iBW
>でも今日だけで言や>>102-103とかアホ過ぎだろw

自衛隊で使用していた戦車の話題に何の問題が?
103 :HG名無しさん2011/07/07(木) 05:39:48.28 ID:FOt7mxWU
ドイツは後半でも?と?号が主力をほぼ二分していたから
75mm装備であっても半数近いドイツ戦車(突撃砲を含めれば半数以上)にとっては雑魚ではないが。
105 :HG名無しさん2011/07/07(木) 07:09:16.68 ID:hp5mcJz5
なぜシャーマンスレに...

ま、M4て70年代の戦車模型ブーム中期に、徹底的にdisられたのが痛かったように思う。
106 :HG名無しさん2011/07/07(木) 08:15:35.30 ID:tW2xtJO2
ここのバカ共は軍オタばかりだし、自衛隊関係は現用スレでやればいいよ。
107 :HG名無しさん2011/07/07(木) 08:43:20.93 ID:iVNCZaJu
>106
…臭ッ!
エヘヘ、兵隊さんはクソを漏らしてきたないのう
←はだしのゲン
108 :HG名無しさん2011/07/07(木) 10:32:34.65 ID:RRWmH1v1
もう最新のキットに何の興味も抱いていない枯れた奴しかいないようだ
109 :HG名無しさん2011/07/07(木) 11:20:27.26 ID:iVNCZaJu
AFV模型業界じたいが枯れてるだろ?
過度の考証やらキットの高価格化で、中国製品も例外ではない
枯れてても、それなりの愉しみ見いだすのがオトナってもんだ
110 :HG名無しさん2011/07/07(木) 11:55:36.80 ID:8LJVq96/
>>109
だからって模型に興味を無くし、得意のニワカ知識披露するくらいなら来る板を変えたらどうだ?
111 :HG名無しさん2011/07/07(木) 12:25:55.77 ID:iVNCZaJu
きみはニワカ知識以下のはず
いままでのスレの経過で明らかだ
自治厨が惨敗してるのは
112 :HG名無しさん2011/07/07(木) 13:06:34.97 ID:tW2xtJO2
軍板じゃニワカ過ぎて相手にされないってちゃんと認めろよ。
113 :HG名無しさん2011/07/07(木) 13:11:27.32 ID:qXzhLp0p
おれもすこしは模型を作るから自治厨の言い分もわからぬではない

でも、ドイツスレで「ガンダムごときと違って、スケールモデルは精神貴族の嗜み」
みたいなこと書てるやつがいて呆れたな。案の定スレで叩かれまくってたけど・・・
思いあがるのもいい加減にせえっ!な感じ
欧米では大人のホビーと認知されてるけど、日本の世間一般じゃまだまだ子供の
遊びとしか思われてない現実を知りなよ
115 :HG名無しさん2011/07/07(木) 13:37:56.39 ID:RRWmH1v1
>>113
少ししか作らないような奴が趣味の場で何偉そうにしてんだガキ
114 :HG名無しさん2011/07/07(木) 13:15:14.94 ID:hyPTqEwI
カミに手出す奴はそんなに居ないだろ
ドイツで例えるなら四号潜水戦車見たいな位置だし
〜物なら何でもいいってのはそんなに居ない
119 :HG名無しさん2011/07/07(木) 17:35:27.99 ID:XGu78t5R
>ドイツで例えるなら四号潜水戦車見たいな位置だし

全然違うでしょ〜
四号潜水は外観が普通だし
せめてLVTくらいに例えて欲しい
124 :HG名無しさん2011/07/07(木) 21:41:25.97 ID:H/w9HTj0
>>119
LVTは非武装の輸送車両だからなんか違うだろ
120 :HG名無しさん2011/07/07(木) 17:45:08.93 ID:VkPOCYSS
このスレの平均的住民は模型を多少なりともつくるし模型趣味に一般人
よりかずっと理解ある連中なんだよな
そいつらを敵にまわして噛み付く自治厨ってなんなの?と思う
122 :HG名無しさん2011/07/07(木) 19:41:36.83 ID:iVNCZaJu
脱線しても、まともで内容がある書き込みならまともなレスで返すのが礼儀
どうしようもないカキコならスルーするか、罵倒すんのが道理だわな
123 :HG名無しさん2011/07/07(木) 20:59:48.77 ID:T78xOvs+
カミは素晴らしいよ
ただカミを評価すると中国製品の優秀さを誉めなくてはならないから

ネット右翼たちは悔しくて無理だらう
127 :HG名無しさん2011/07/07(木) 22:07:31.76 ID:QvpktZO+
日本人主導のライセンス生産みたいなもんを誇りに思ってる三国人の
馬鹿がいるなw
トヨタが途上国に工場作って、現地人が無理してトヨタ車買って自国製
みたいな顔して誇りと優越感抱いてるのと同類の愚かさだよ
128 :HG名無しさん2011/07/07(木) 22:08:38.29 ID:XjLyJgVo
新幹線はオリジナルあるヨ
147 :HG名無しさん2011/07/08(金) 21:42:32.26 ID:1Xp/WhX6
>>128
ググッたら中華新幹線は川崎重工のパクリか
厚顔無恥にもアメリカで特許申請してるんだってな
あいつらはホントに盗人たけだけしい奴らだ
130 :HG名無しさん2011/07/07(木) 22:21:54.79 ID:TJfMaRkq
八九式はビッカースのコピーたが、チハは純和式のオリジナルに思えるが。
137 :HG名無しさん2011/07/08(金) 10:05:37.76 ID:sCF72mTB
>>130
もとのビッカースは当時の最新型なんだよな。あれをなんとかコピーして
生産できた努力は評価できるよね。
土門周平「戦車と将軍」は日本戦車開発の総元締、原中将の伝記だが
黎明期の戦車製造の様子にふれてて興味ふかい
装甲板ひとつ作るのに、八幡で製鉄したのを室蘭で鋼に加工、さらに八幡に
送りもどして熱処理とか・・・
工業インフラが未発達だったころの先人エンジニアの苦労が偲ばれるよ。
132 :HG名無しさん2011/07/07(木) 22:30:05.15 ID:QvpktZO+
そうそう
それで本家に逆輸入みたいな感じでマチルダの装甲スカートをジャパニーズ・スタイル
とか呼んでるのがおもしろい
133 :HG名無しさん2011/07/07(木) 22:32:21.66 ID:aKf4lmpa
アーマーモデリングの漫画の八九式は
最後勝つんだろうか?
134 :HG名無しさん2011/07/07(木) 22:38:52.95 ID:iVNCZaJu
>133
ソ連兵の略奪の対象だろ?
どSの女将校はハルピンあたりで売春宿を経営とかのオチ
135 :HG名無しさん2011/07/08(金) 07:21:25.29 ID:yjnmTcZI
ハ号をベースにした試作駆逐戦車ホル。ドイツ駐在武官からのヘッツアーの無電情報を元に考案されたとか。
136 :HG名無しさん2011/07/08(金) 08:43:35.05 ID:vvD6cDMJ
どちらかというと、イタリアのL6軽戦車に47mm多用途砲載せた自走砲に
コンセプトは近いだろうな。スタイリングといい。
138 :HG名無しさん2011/07/08(金) 10:51:35.71 ID:Ibk3U0wy
トヨタがシボレー搭載の水冷直列6気筒ガソリンエンジンをコピーし、
菅式ヘッド搭載で元のシボレーより出力を上回ることに成功したA型エンジン、
圧縮比などを上げた改良型のB型、さらに改良、発展させ、
現在でもトヨタフォークリフト用エンジンとして生産が続けられており、
日本国内で現役最古の市販向け生産されるエンジンのF型なんかも、
コピー技術を発展させた日本と評価は出来る。
139 :HG名無しさん2011/07/08(金) 10:58:54.85 ID:XEtdjik1
97式は試作でドイツ軍のタイガー パンターと同じ配列の転輪を使おうとしたのも
ドイツからのやつをコピーしようとしていたのか?。
履帯が外れやすいからの理由でおじゃんになったが。
142 :HG名無しさん2011/07/08(金) 14:59:34.51 ID:BgBpsBF/
>>139
千鳥型転輪配置はドイツの影響だとしても、独製ハーフトラックから
ヒントを得たのでは?時期的に
97式の重量では接地圧低下にそれほどメリットあるとも思えん。
それが量産型で却下の理由だろう。
140 :HG名無しさん2011/07/08(金) 12:17:07.83 ID:PJNseLOm
この89式イラストはまさしく乙だな。チッピングぇw
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=20140518
150 :HG名無しさん2011/07/08(金) 23:49:39.59 ID:l3jurjoq
>>140
見覚えがあると思ったらJ-TANKの表紙描いてる人か。
141 :HG名無しさん2011/07/08(金) 14:38:46.43 ID:BgBpsBF/
すばらしい!大日本絵画のムック本あたりに十分掲載できるレベル
145 :HG名無しさん2011/07/08(金) 20:19:37.37 ID:j2b5LY3x
浅香さん、ここらで「ドッカーン!!」で梅雨明け宣言をたのんますわ
148 :HG名無しさん2011/07/08(金) 22:04:22.26 ID:yjnmTcZI
↑八九式をアジア初の国産戦車と威張る日本に対して英国ビッカース社も同じ感慨を抱いた事だろう。
151 :HG名無しさん2011/07/09(土) 00:43:16.16 ID:wFF223kV
>148
だろうな

>149
90式野砲の誤り、95式はその短砲身バージョン
ちなみにシュナイダーにパテント料を払ってるから批判されるいわれはない

153 :HG名無しさん2011/07/09(土) 01:12:15.28 ID:8RFcqErt
人権後進国と侵略国家、公害輸出のメッカと看做され、世界中から白眼視
されてる祖国にお帰りください
154 :HG名無しさん2011/07/09(土) 01:33:22.54 ID:U9zH43eT
零式艦戦はヴォートV-143のパクリ

スカイレーダーはキ-117のパクリ

クルセーダーはサハリアーナのパクリ
155 :HG名無しさん2011/07/09(土) 05:13:45.31 ID:P4XK1Y8k
>アジア初の国産戦車

何も間違ってないじゃん
156 :HG名無しさん2011/07/09(土) 05:56:23.30 ID:dfAygPpn
すくなくとも日本人は仮にドラえもんやミッキーマウスを
朴ったとしても、チュンやチョンのように自国発祥と言い張るほど恥知らずではない
157 :HG名無しさん2011/07/09(土) 07:02:27.80 ID:qoO/y8NF
量産車ではないが、八九式以前に原さん主導でずっと大型のオリジナル設計試製1号戦車を作ってるから
八九式が国産初というのは誤り
当初の見積りより、かなりの高性能で
外国戦車に比べて全く遜色ないどころか、むしろ優れていて関係者を大変に喜ばせた
158 :HG名無しさん2011/07/09(土) 07:49:46.86 ID:1THhbSfS
八九式もいざ配備すると故障続出。内々に先端機械技術に明るい海軍技術陣にアドバイスを依頼した。海軍の指導で戦車メンテナンスの基礎が確立したと言う。
159 :HG名無しさん2011/07/09(土) 10:08:38.85 ID:qoO/y8NF
大陸のこまかな黄塵が内燃機関、吸気系に入り込んで八九式はトラブル続出
海軍の整備係が特製のエアフィルターを拵えてくれ、無事に作戦を乗りきったとか
160 :HG名無しさん2011/07/09(土) 21:19:21.21 ID:+PuQlpU8
何気に観たバ−リンデンのサイト、新作のアイテムで
「神社の鳥居の後ろに仏像・・」みたいなアイテムって・・・
馬鹿丸出しだった。氏ねっての。
162 :HG名無しさん2011/07/09(土) 22:00:24.46 ID:kSdDsaBn
>>160
異文化なんだからある程度は仕方ないしょ。
西洋から東洋を見た場合は特に。
日本人にしてみりゃプロテスタントとカトリックの違いみたいなもんだ。
164 :HG名無しさん2011/07/09(土) 23:35:55.36 ID:kCuV2u0+
>>160
戸建てなら神棚に仏壇はめずらしくないからな
日本人のおおらかな宗教観で
163 :HG名無しさん2011/07/09(土) 23:11:41.82 ID:oXaO+HSI
>161
標的がよき隣人の二台の戦車なんだろ?それぞれ戦車兵定員で
165 :HG名無しさん2011/07/10(日) 00:27:28.39 ID:QOUniLzn
>>163
ニホンゴデキマスカ?
167 :HG名無しさん2011/07/10(日) 05:20:59.51 ID:om9Q1En8
>>165
おまえを不法滞在で入管に通報しますた。強制送還されてろ
166 :HG名無しさん2011/07/10(日) 01:34:49.79 ID:n/+4VFYk
日本のAFVもいつのまにかラインナップ揃ってきたな。
92式もあるし、くろがね四起もすばらしい。
チハと95式しかなかった頃からは考えられないな。

ファインモールドの6輪トラックが出たのは、
そのうち20mmの対空砲搭載型にしようって事なんじゃないかなあ。
168 :HG名無しさん2011/07/10(日) 06:33:44.65 ID:vxrtsOkL
最近出回っているポーランド製1/25カードキットって何?チリもあったが。
169 :HG名無しさん2011/07/10(日) 07:23:15.78 ID:SMVRKsvk
ペーパークラフトやん 
ttp://kami-mokei.com/
なんか紙も凄いんだな。チハとかも載ってるけど
175 :HG名無しさん2011/07/11(月) 11:04:30.01 ID:C/4gk9ty
>>168
>>169
大昔、子供の科学別冊でペーパークラフト戦車の本が二冊でてたよ
35年まえくらいでなかったかな?
170 :HG名無しさん2011/07/10(日) 20:21:01.72 ID:mMGAoRam
バトルタンクキットを買ってみました。5個かったのですが、
チハは1個だけ・・・あとはヤ-クトティ−ガでした。たまたま
なのか、チハはほとんどないのか?少し凹みました。
171 :HG名無しさん2011/07/10(日) 21:51:31.57 ID:laE4c96L
・・・マーケティングの結果だろうな。さもありなん
君も自分がトキ並みの希少種なぐらい知ってるだろ?
172 :HG名無しさん2011/07/10(日) 21:56:04.04 ID:laE4c96L
>165
ああ、池袋の自治区からのレスだね〜
173 :HG名無しさん2011/07/10(日) 22:06:54.39 ID:A9pbm16K
久しぶりに池袋行ったらサンシャイン通りの定位置にいつもいた黒人が居なくなってたんだけどどうして
181 :HG名無しさん2011/07/11(月) 15:46:25.07 ID:GXqlUVRl
>>173
中国人韓国人の黒人蔑視は半端でないからね
アメリカのロス暴動でもアフリカ系のコリアン商店主への怒りが爆発したぐらい
チャイニーズとコリアン不法移民はアメリカ社会で「けして同化しない危険分子」と
認識されている
177 :HG名無しさん2011/07/11(月) 14:10:30.23 ID:+QSZu//j
いまも昔も戦車の開発製造は先端技術。
このスレの住人なら常識だろうが、戦車って造るのがおそろしく難しい機械
なんだよ。コピーすら至難の技

クルマのエンジンさえ自力開発、製造できる国は現在でもかぎられてる。
他の列強に及ばなかったとはいえ、俺は90年まえにそれを達成した日本の造兵を尊敬するよ。
178 :HG名無しさん2011/07/11(月) 14:27:45.40 ID:V/gArkl0
切りぬく本世界の戦車
なら復刻されて売ってるよ
189 :HG名無しさん2011/07/11(月) 21:45:18.72 ID:aZcazCeN
20年以上前、ペーパークラフトの本でサラトガを作った記憶がある。
ググってみたら、どうやら>>178のシリーズだったようだ。
191 :HG名無しさん2011/07/11(月) 22:58:28.94 ID:tPYU1NNW
>>189
切り抜く本 世界の軍艦
だね。オレも持ってた。

個人的には、モールドを印刷で代用している箇所が多く
塗装すると消えてしまうのが残念だった。
その点「切り抜く本 世界の戦闘機」は良かった。
179 :HG名無しさん2011/07/11(月) 15:00:22.69 ID:w0mkvqLv
折り紙の伝統だろうな。日本人は伝統的にこういうのが好きなんだろうな。
発祥はわが国ではないかもしれないが、発展させ文化まで高めたのは間違い
ないだろう。マンガと等しく

・・・韓国が寿司と剣道に続いて、折り紙の自国発祥を声高に主張していて、
識者の失笑を買ってるそうな。
180 :HG名無しさん2011/07/11(月) 15:21:55.95 ID:5UpSweRA
テコンドーは柔道のパクリ
胴着をみても明らか
183 :HG名無しさん2011/07/11(月) 19:29:22.83 ID:Dr/Tuvnb
>>180
柔道×
空手○
182 :HG名無しさん2011/07/11(月) 18:56:09.32 ID:78GC9Cal
チハ専用の「タ弾」の戦果はどうだったんだろう?スペック上ではM4どころかスターリンも撃破できるのだが?
184 :HG名無しさん2011/07/11(月) 19:54:36.87 ID:ag/DbcSD
>>182
山砲と小銃擲弾は実戦記録あるけどね
5,7cm用はしらんなあ
185 :HG名無しさん2011/07/11(月) 20:57:11.28 ID:s133fu6k
成型炸薬弾はキャップの内側の炸薬凹みの深さにノイマン効果が比例
するから直径が大きいほうが貫徹力にすぐれる
命中精度を度外視して威力のみをもとめるなら外装式、ドイツの3,7cmPAKの
有翼弾とか

5,7cm弾くらいじゃ、それほどの装甲貫徹能力望めないのでは?
ドイツは24口径7,5cm砲以上からのはずだし、性能は75mm厚を貫徹のちに100mm
チハ用タ弾の貫徹データーをレスしてほしい。

186 :HG名無しさん2011/07/11(月) 21:05:00.05 ID:y22v1Nz7
ロケット砲とか短機関銃とか迫撃砲とか有効な武器を悉く「メイチュウリツガー」で葬ってきた軍官僚は
何でもかんでも「法律上問題ない」でごり押しする今の官僚とそっくり
187 :HG名無しさん2011/07/11(月) 21:14:14.97 ID:s133fu6k
日本軍の命中精度信仰はタマの生産能力が他の列強にくらべ
二桁劣ってたのが主な根拠d
188 :HG名無しさん2011/07/11(月) 21:29:43.14 ID:s133fu6k
二十八さんは日本軍が短機関銃と迫撃砲をあまり生産しなかった理由と
してもうひとつ、シナ兵への蔑視があったと指摘してるね。
決戦を避け、ゲリラ的にこれら兵器を多用して友軍に損害あたえる彼らを
憎みこそすれ尊敬する気には到底なれなかった。

米英軍が多用し、その有効性に気ついたときには日本の工業力がジリ貧で
どうすることもできなかったと。
196 :HG名無しさん2011/07/12(火) 02:18:44.19 ID:qbvi2cIA
>>188
大陸では交戦距離が結構あって、50mたかだかのSMGは不要だったのかもなあ。

三八式で全然困ってなかったと思う。ZB26だけはうらやましかっただろうけど。
190 :HG名無しさん2011/07/11(月) 22:24:53.01 ID:HhvLwk9+
現在でも「国際法の遵守、言論の自由、特許、著作権ってナンデスカア?」
の連中みてるとどうか?と思う
192 :HG名無しさん2011/07/11(月) 23:10:44.10 ID:SbjEo8s0
ペーパー模型は鉄道模型の世界ではメジャーな材質だし。
バリバリ精密模型から、紙工作の持ってる味わいを楽しむ物まで
色々あるな。
194 :HG名無しさん2011/07/11(月) 23:48:04.81 ID:Kiy7Cjol
そういや模型は樹脂のインジェクシヨンにかぎらないんだよな。
当たり前のことだけど。
昔の模型屋は店主の作った飛行機のソリッドモデルがよく飾ってあったよ。
あと、バキュームフォームキットもめずらしくなかった。
80年代のMGで大前肇氏のフルスクラッチ金属製火砲模型シリーズには度肝ぬかれたな
大スケールだったし。
195 :HG名無しさん2011/07/11(月) 23:48:07.39 ID:u8idRAUu
紙創りはジオラマの植物とか色々だしてるよね。
個人的には1/700用が色々あって興味深い。
197 :HG名無しさん2011/07/12(火) 07:51:10.20 ID:4IEGfDox
大陸の戦闘で弾薬の軍事費に占める比率が六割超えたそうだからね。
予算不足で新型兵器への更新をむずかしくしてしまった。
シナ軍との戦闘が長期化したのも、日本軍野砲重砲のタマ不足で決定打に欠けたため。
銃剣突撃で「ワーッ!」と殺到すると、敵がスタコラ遁走するので、日本陸軍は
歩兵戦闘に絶対の自信をつけてしまったのも、短機関銃や迫撃砲のおくれた原因だろう。
198 :HG名無しさん2011/07/12(火) 08:04:18.40 ID:i20q3omn
貧乏や…貧乏がわるいんや

洒落でも何でもなくまさにその通りだと思う
199 :HG名無しさん2011/07/12(火) 09:30:55.11 ID:iVETZmod
トラックがほしい
ICMだかででたのはドイツフォード独自の型だろう?各国で使えるフォード、シボレー出せばいいのにと思う
もと英軍のベドフォードトラックやら、ボフォース40mm高射砲やらラ式3、7cm速射砲…
日本軍はガダルカナルでいろいろな捕獲兵器を揚陸してるね
200 :HG名無しさん2011/07/12(火) 09:50:53.16 ID:iVETZmod
ガ島のボフォース高射砲はもと英軍捕虜のインド兵が操作してたそうな